上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は離脱挑戦せずに寝たので、一昨日の夢を

昨日は精神的に荒れてたってか、性欲と闘っていました。今日は大丈夫です。心配ありがとうございます m(__)m

一時、携帯にも音楽入れようと思ったんですが、PSPのバッテリーがもう音楽聞き過ぎで劣化してきているんで、携帯には同じ運命を辿らせたくないんですよね

まあ、音楽聴きながら離脱する際には難聴に気をつけて下さいね、皆さん


取り敢えず短い夢はこちらで書いて、長かった夢は追記に書きます。意外と、長かった方の夢はストーリー性が高かったです。ヘミのおかげですかね

・夢
・「みくのかんづめ」を親に聞かれた夢
・どっかで何かのレポートしてる(作ってる?)夢。イミフ
・場所はイタリア。時は第二次大戦中のクリスマスの夜
家でパーティーの準備をしていると、姉(架空の存在)が帰ってきた。玄関に迎えに行く。少し顔が縦長だったが、意外と美人だった

姉「寒い~」
自分「そりゃねぇ」

姉が家に入ろうとする
一歩踏み出した直後、警報が鳴り響いた

姉&自分「空襲だ!」

こんな時は家の中に居るべきなのだろうが、姉が飛び出して行ってしまった。彼氏の家に向かうつもりのようだ
それを追いかけるかのように母も家を飛び出す。自分もつられて飛び出した
ちなみに弟と父は外出中である

ふと左の方角を見る。戦闘機が飛んでいた。姉は遥か前方、母は近くの店の中に避難しようとしている
自分も店の中に入る。窓ガラスを突き破ったが、気にしている場合ではない

暫くすると、戦闘機は通り過ぎたようだ。しかし派手に火が上がっている所を見ると、どうやらナパーム弾が投下されたようだ

姉はまだ外だ。助けなければ
また窓ガラスを割って外に出る。割りすぎだ。ドア使え

暫く姉の走って行った方向に走ると、途中で道は二手に別れていた



すみません。携帯だときついんで、続きは後日書かせて下さい。申し訳ないのです m(__)m
Secret

TrackBackURL
→http://i0n02eo.blog36.fc2.com/tb.php/14-d5630119
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。