上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.04.23 人夫々
ブログ中断前を1st、再開後を2ndとカテゴライズしました。あんまり意味無いかもだけど。
それと、これからは発見した事とか思いつき、再確認したい事やスクラップを本文に書いて、前日の結果は追記に書きたいと思う。もちろん、ミダンツァーの戯言なので参考にするかどうかは自己責任でお願いします。下らん事垂れ流してやがるなー、程度がいいと思われ。


心像と夢、視界について(自分の場合)
瞼の裏が真っ暗、これが覚醒時。しばらくすると「入眠の入口」に入る。これはつまり「まどろみの感じ始め」と同じ。この辺りから、瞼の裏に白い輪が行ったり来たりする。その白い輪が消え始めると、身体がほぼリラックスしている事が多い。
白い輪が消えてしまうと、思考が暴走を始める(既に、の時も多い)。そしてしばらくすると、意識の消失が始まる。この時に集中をしていないとすぐに寝落ちする。
集中して「意識消失ゾーン」を彷徨っていると、瞼の裏に心像が現れ始める。この時に意識を上手く落とせるかどうかで「意識の袋小路」に入るかどうかが決定する。ここに入ってしまうと事態が全く動かなくなる。

図示すると

瞼の裏が真っ暗(覚醒時)
   ↓
まどろみスタート(入眠入口)
   ↓
白輪出現(身体のリラックス状態)
   ↓
思考暴走モード
   ↓
   ↓→→寝落ち
   ↓
意識の消失
   ↓
   ↓→→寝落ち
   ↓
心像出現開始
   ↓
   ↓→→寝落ち
   ↓
   ↓→→意識の袋小路
   ↓
   ↓→→自覚夢
   ↓
  離脱?

多分、上記のような流れがあると思われる。しかしまだ確信は持てないので、もう少し観察が必要。

昨日の結果
・眠気 65%
・夕食 8時30分頃。
・時刻 入眠時、0時45分開始~約15分後寝落ち。二度寝時、5時開始~約10分後寝落ち。
・方法 入眠時、1氏イメージ法&恋人ツナギ法。二度寝時、数数え法。
・備考 靴下無し、床に入る前に軽く顔を洗って眠気を飛ばす、夕方に小一時間ほど仮眠。

・夢
 ・PSPでパラサイト・イヴのムービーを観てる夢。3rdっぽかった。空港にアヤのクローンが来るとかで、アヤはそれを暗殺しなければならないらしい。傍らには前田も居た。クローンのアヤがVIP待遇で出て来たところで終了。
 ・ホテルのロビーみたいな所を掃除してる夢。メモが落ちており、ホテルの宿泊者の奥さんが浮気しているという事が詩みたいに仄めかされていた。ウタキとか書いてあった。

 二度寝後
 ・中学の修学旅行っぽい。宿泊施設は小さい小屋で、グループによって分けられている。男子の集団にいじめられて、他男子2人ぐらいと共に女子の居る小屋にぶち込まれる。が、自分は割りと普通になじむ(男子二人は隅で縮こまってた)。普通に風呂の手伝いとかしてたら、先程のいじめっこグループが来て羨ましいとかほざいて喧嘩腰になってきたので挑む。夢の中なので跳躍力とかヤバい。リアルマッハ。とりあえず寸止めで退散させる。
 ・前の夢の続き。暴れた勢いで講堂に乱入。小さい子メインの催しがされていたみたいだが、乱入したら笑いが巻き起こった。壇上に上がったらオワタ。
 ・小学校(でも何故か校舎と人間は高校のそれ)の廊下。外に出ようと思い出入り口に向かうが、女子がたむろしていて出れない。仕方ないので窓から出る。校庭では生徒がグラウンド掘り返してた。手伝ったら、「見ろ、あれがk21c法だ」とか言われた。
 ・前の夢の続き。何故かその後、泥当て開始。しばらくしてたら急に「ナイナイとダウンタウン集まれー」とか言われてそっち行ったら、くそでかいボンカレーゴールド背負わされた。
 ・映画館でクラシック映画上映。シューベルトとか「ツァラトゥストラはかく語りき」とか。終わった後の友人がウザかった。
 ・デリヘルの紹介映像みたいなの観てる夢。

・結果
しばらくイメージ法を試していると、体温が上がってきて暑くなってきた。このまま集中しても仕方ないと思い体勢を変えて仕切り直したが、呆気無く寝落ち。恋人ツナギ法がいけなかった気がする。体温がこもるっつーか。
二度寝時は数数えでトライしたが、特になんという事も無く寝落ち。

・結論
今回はあまり話にならなかった。姿勢が如何に大切かという事は知った。
どうも仰向けが一番やり易いのは変わらないみたいだ。二度寝法には何故か苦手意識がある。

今日は本文に書いた事を確認しつつチャレンジしようと思う
Secret

TrackBackURL
→http://i0n02eo.blog36.fc2.com/tb.php/148-d5180832
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。