上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日閃いた方法で挑戦したら指先だけ離脱した。たまたまかもだけど

オーバーダイブ(以下OD)法
①リラックスする
②前方に自分をイメージ
③あらかじめ任意の数字を決めておいて、それを数え終わった瞬間にイメージした自分に移る(とイメージする)。数えている間、徐々に身体が振動していくのもイメージする(離陸直前みたいな感じで)
④移った後の視界をイメージする。次に、行きたい方向(部屋の外とか)に身体を向ける。この時、宙に浮いたまま身体の中心点をずらさないように回転して向く(宇宙遊泳みたいに)
⑤行きたい方向に向いたら、その先にまた自分をイメージ→③④を繰り返す
⑥どんどん離れていく

利点
・数数えしながら振動をイメージする事で、それの発生を促す
・従来のイメージ法と違ってパッと移る為、移った感が出やすい
・宙で回転して向きを変えるイメージは、ローリングに繋がりやすい
・寝落ちした時、「何回目のODで寝落ちしたか」で自分の「寝入りポイント」を確認できる
・場所のイメージが変化するから、単調な作業化しにくい

昨日の結果
・眠気 80%
・夕食 8時30分頃。
・時刻 入眠時、0時10分~15分後、寝落ち。
・方法 OD法。
・備考 靴下あり、床に入る前に軽く顔を洗って眠気を飛ばす。

・夢
 ・同窓会の夢。周りは食事をしながらあれこれお喋りしていたが、自分は興味が無くて早く終わらないかなと思っている。最後に写真撮影と相成ったが、自分は興味が無いので入らない。
帰ろうとしてふと見た机の上には手帳があって、下にボールペンが落ちている。入院中の一人に宛てて、皆でメッセージを書いているらしい。書く事を頼まれたので、とりあえずポケットに入れる。
外に出ると、時間の都合で来れなかった面々が来ている。帰るのが名残惜しそうな面々も多い。寝そべって運転する奇妙なトラックで家に帰った。

・結果
リラックス後、OD法を試す。2回目辺りのODで早くも思考の乱れを確認。3回目のODで、もうそれ以上続けられない程になる。
ここで右手の指先がズレて離脱したが、手をこまねいている内に戻る。まどろみが深くなって明晰な意識も無くなってしまい、とりあえず身体のだるさを感じて位置を変えたような記憶がある。その後寝落ち。

・結論
夢については依然、記憶している時としていない時に差がある。朝方の意識の不安定が原因だろう。
胸の上に手を乗せるのは、自分には向いていないようだ。身体的ストレスにしかならない。金縛りからの離脱よりも、振動からの離脱の方が合っているからかも。
OD法はまだまだ改良の余地がありそうだが、なかなか期待できると思う
Secret

TrackBackURL
→http://i0n02eo.blog36.fc2.com/tb.php/150-256f0f97
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。