上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やはり体幹の怠さは内臓に起因していたようだ。下痢です。治ったけど。
しかし、「怠さ」ってのは未来への集中なんだよね。現在への集中が大切だと思います。

最近、家の者の三回忌だったんだけど、念じ方なんか知らないし丹田呼吸法してたら振動が来た。かなり確信したんですが、振動は誰かが言ってたように「心拍」の増幅知覚現象ではあるまいか。
しばらくすると振動は消えたし、離脱は弛緩が完璧だと前兆無しにできると聞くが、正しいのかも。

まあ、アストラル体の分離現象。周波数の変化と言いかえても構わないですけどね☆


昨日の結果
・眠気 90%
・モ率 70%
・時刻 2時分頃~30分後、寝落ち。
・予定 脱力(4、4、8のリズムの丹田呼吸法)→自律訓練法→イメージ法→数数え法。
・備考 靴下、掛け布団装備。

・夢
朝起きたら携帯メモ電池切れ、エナジーレス。

・結果
指マン法が途切れたのがわかったぐらいか。

・結論
生活リズムをコレコレしろとアレほど。
ま、おかげで眠気の深さからリラックスのヒントが得られたかな
Secret

TrackBackURL
→http://i0n02eo.blog36.fc2.com/tb.php/268-25cde91f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。